がけっぷち嫁の交戦 -2世帯から平屋へ-

義父の急逝により2世帯案は消滅。 ダーリンとのまったり生活を夢見て平屋建築進行中。

提携外の外構屋さんを探せ!!②

昨日は雨が酷かったので多分着工して初めて?現場へ行きませんでした (。-人-。)
敷地内が猛烈にドロドロになるので、家の中にドロを持ち込みたく無かったのと、クロス屋さんのパテ塗りが思っていたよりも時間のかかる作業のようで、クロス貼りは来週?なのかな?と思いまして。
でもやっぱり気になるので朝イチでちょっと覗きに行ったら・・・
クロス屋さんとばったり遭遇www
いやはや(焦)猛烈に気まずかったですwww
棟梁もそうだったけれどクロス屋さんも7:00出勤とは(゚ー゚;A


























提携外業者D

ネットで検索した外構屋さんです。
当初は見積り仲介をしてくれる会社に依頼しようかと思っていたのですが、なんとなーくピンと来ず、『ピンと来た』会社にアポを入れてみました。



ちなみに検索ワードは『外構_〇〇(都市名)』です。
同じ県内でも場所によって範囲外となる会社も多々あるので範囲を絞ると探しやすいですね。
訪問した際に記入したアンケートに『検索ワードは?』とあったのですが、アバウトな単語だとなかなか検索の上位に来ないので、(常に上位に来るにはそれなりの設定が必要)努力されている会社だなぁと思いました。



【ピンと来た部分】

・ホームページがキレイ
・施工例が多い
・スタッフブログやお知らせがきちんと更新されている



外構=デザインですからやはり見た目は重要です。
どういった施工をするのか?またどういった施工が得意なのかも例が多いと見えてくるものもありますしね。
また、ホームページ内の更新がこまめに行われているということは、現場作業以外に人員を割ける余裕があるのかな?とも思いました。


気になる外構屋さんは多々あったのですが、更新が2~3年されていないところも多かったです。
そういうところは1人でいくつもの仕事(営業・作業・事務)を抱えているのかな?=手が回ってないのかな?という印象を持ちました。
また、スタッフ紹介等で事務員さんが載っていないところもそうなのかな?という印象でした。
事務系の間接スタッフってどうしても削減対象なんですよね。
(営業=お金を生み出す人。事務=お金を生み出さない人。という認識の会社)
でも仕事を円滑に回すためには絶対に必要だと私は思うのです。
事務だから・・・。



ホームページから打ち合わせ依頼をすると、その日のうちに返信があり(レスポンスが早いのは重要ですね!!)、施工までの大まかな流れも記載されていました。
初回の打ち合わせ以降は手付金を支払うことで次のステップ(現地調査など)へ進める流れとなっています。


一条さんとの打ち合わせで何度も図面を書き直すのが当たり前のようになってしまっているのですが、普通はお金を落とすかどうかわからない顧客に対して無限に時間を割くことはありません。
最初に『お金かかりますよ』と言ってくれるところは親切だなぁと思いました。



予約した時間に行ってみると、メールでやり取りしていた方はなんと!



インフルエンザでお休みでした・・・
(´・ω・`) オダイジニ~



対応して頂いたのはデザイナーさん。
だけど、営業も兼務されているのか話し方や段取りはとてもスムーズな落ち着いた方でした。


まずはメールに記載されていた必要図面をお渡し( ^-^)_旦""
外構業者さんによっては『「〇〇図」もお持ちください』と手持ちでは無い資料を求められることもありますが、営業さんに聞けば大抵の図面は入手できます。
今回も『求積図』を求められたのですが、すぐに送ってくれました♪


私が今回準備した図面は外構屋さんから求められた
・求積図
・配置図
・平面図
・東西南北立面図


と、


・電気図面
・外構希望案
・コンテナ、カーポート、ポストの型番等の詳細


の7種類で計9枚(゚ー゚;A


それを『バーファイル』に挟んでお渡ししました↓↓↓




ちなみに型番を記載したものはこんなかんじ↓↓↓


今回の業者さんはその場で見積りを出してくれる会社だったので、これ↑がとても役にたちました。


ちなみに、我が家でまったく決まっていないのは『玄関アプローチ』なのですが、先方がデザイナーさんだったのでいくつか案を出してくれました。
今回は洗い出し+タイルで比率は2:1で金額を出してもらうことにしました。



アプローチ案はダーリンと平行線で苦戦しそうです (-"-;A
我が家のアプローチは6m超えになりそう・・・というかなるのですが、縦長なので縦長なデザインにしたい私と、横に区切りたいダーリンとの攻防意見のすり合わせが非常に、非常に!!困難を極めそうな予感・・・




メリット

・外構が素敵になりそう
 初年度は必須部分のみで翌年から少しずつ外構を追加するお客様も
 多いようです。
 今年は花壇~♪とか。


・お値段は予算内に収まりそう
 提携外Cほどではありませんが、アプローチをタイル施工にしても
 予算内に収まるかもしれません。



デメリット

・会社が若い?
 創業年数が比較的若い会社かもしれません。
 ただ、感性が若ければそれはメリットなのかな?
 一条ではありませんが、メーカーと提携もしているようです。


・ダブルフェース(カーポート)の施行例が少ない
 デザイナーさんが知っている限りでは1件との事。
 ただ、あとで知りましたがこのデザイナーさんは他店舗の方だったようです。
 きっと助っ人で急きょ来たのね・・・


・会社の強みをまったく活かしてもらえ無さそう
 植樹(ガーデニング)や天然石を使用した外構がお得意だそうです。
 我が家は今のところ木は一本も植えません・・・


・インフルエンザだった方はシャチョーサン
 今後はシャチョーサンとやり取りするのかしら・・・
 写真を見る限りはそんなにご年配でもないようだけれど・・・