がけっぷち嫁の交戦 -2世帯から平屋へ-

義父の急逝により2世帯案は消滅。 ダーリンとのまったり生活を夢見て平屋建築進行中。

カーテンを最初から選び直す

誰も来ないと分かってはいてもつい現場に行ってしまいます |電柱|・ω・`)ノ
予想通り誰も来てはいなかったのですが、
お向かいさんがちょうど
引き渡しの真っ最中でしたw(゚o゚*)w
紅白のテープ・・・我が家の時は用意されているのだろうか・・・(´・ω・`) 


ちなみに北側の賃貸マンションは足場が取れて外構工事が始まった模様。
我が家の境にコンクリートブロックが積まれていました。
『The・コンクリート』みたいなやつかと思ったら、オシャレブロックだったわ。
フェンスもオシャレなやつになるのかなぁ・・・




















我が家がカーテンの打ち合わせをしたのはなんと!!
去年の3月でしたwww


この打ち合わせのあと大幅に間取りが変更になり(主に寝室)、そのままうやむやになっていたのですが、家の完成まであと1ヶ月を切りさすがにそろそろ決めておかないとまずいなぁと思って連絡したらまさかの担当さんご退職・・・。
我が家の営業さんもご退職でうまく連絡出来ていなかったのでしょうね(-"-;A


午後ショールームに到着すると、私達の貸切でした♪
新しい担当さんは落ち着いた感じの方で、まずはカーテンレールから選択開始。


家が完成するにつれ現実感が増していくので無難に白いものにしようか悩んだのですが、結局前回と同じレールに決めました。

『レガートスクエア アッシュグレイン』


ちなみに寝室も同じものにしました。



カーテンレールが決まったらメインのカーテン選びに突入=3
今回のダーリンは前回と選び方がまったく違いました。






The・機能性重視(Φ_Φ)






前回は(主にダーリンが)見た目重視でカーテンを選んでいたのですが、今回は『遮光性』に拘りたいと言い出したのです(@_@;)ドウシタ?
ご近所のアイスマさん家のハニカムの透け具合がどうにもイヤだったそうな・・・
なのでシルエットがわからないものに変えたかったらしい・・・



いざカーテンを見始めるも、元々二人とも『ゴージャスカーテン』にまったく興味なしのため見るのは自然と無地のカーテン。






まったく面白くないwww






結局リビングのカーテンは『何にでも馴染むであろうと思われる色』になりました(゚ー゚;A


左上のベージュみたいなやーつ。
右の写真の右から2つ目のやーつ。
似たようなものが他にもあったのですが、これは裏が裏地っぽくなかった☆



初っ端からあまりにもテンションが上がらないので
『レースカーテンは柄物にしてみよう♪』ということになりました(゚ー゚;A



そう・・・前回のカーテン選びと真逆な選択を始めたのです・・・



『植物柄』があまりお好きではないダーリン。
前回同様に目を付けたのはやっぱり!!『ストライプ』

でもこれは色合い的にもカーテンと相性いいんでないかい?
少なくとも前回の横ストライプよりは断然いいんでないかい?



2つを並べてみるとこんな感じ↓↓↓

カーテン生地は光沢があるので、光が当たるともう少し明るい感じではあります。
レース生地はストライプの間隔が細かいのと、出来上がり時にはヒダがあるので、重なりが増えてさらに見え辛くなりますよ、とのこと。




さて、寝室はどうしよう?とカタログをペラペラとめくっていた私。






あ・・・



これスキ・・・♡╰(*゚x゚*)╯

でも『植物柄』かぁ(´Д`)
一応ダーリンに『これどう?』と聞いてみると・・・





まさかのOK出ましたー!! Σ(・ω・ノ)ノ マヂデ?!





アナタの好みがいまだに分からない嫁であります (-"-;A シュギョーブソク・・・


でもOK出たことでテンションアップ↑↑↑
透け感が気になりますが、担当さんの『一条さんの窓は昼間だと見え辛い』という言葉を信じましょう・・・(。-人-。)


さっそくこれに合うカーテンを探し始めると、担当さんがさっと出したカーテンがどんぴしゃでしたwww

差し出されたのは右側の上から3つ目のやーつ。
ちなみに他の色も試しましたが、赤系以外はレースのほうに何かしら同色が含まれているので意外となんでもイケる感じでした。



2つを並べてみるとこんな感じ↓↓↓

茶色の糸も織り込まれているのでイイ感じで馴染みます。
緑と水色も良かったのですが、やっぱり最初の印象が良すぎたかな?
なんだかんだで我が家、青系多いなぁ(゚ー゚;A




お値段は前回よりイチマンエンほどお高くなりました。
カーテンの単価が上がったためかと思われます・・・




施工日前に連絡が来るそうなので、タイミングが合えば取り付け風景を見られるかも?